基本料理を増やしてほしい&レシピはデジタルデータで欲しい!


色々な料理教室に通ったことがありますので、その経験を踏まえて体験談を書きます。

改善してほしい点

和食なら「肉じゃが」「豚肉のしょうが焼き」「魚の煮つけ」等、洋食なら「ピラフ」「ホワイトソース」「ミートソーススパゲッティ」といった、日常食べたくなるようなメニューを繰り返し教えて欲しいです。

これらはテレビの料理番組でも基本すぎてやらないものが多いのですが、一度教えて貰っても、また別の先生では違ったテクニックやレシピ、豆知識等が聞けるので、何度でも教えてもらいたくなります

また教室側から提供してもらえるレシピは、プリントしてある「紙」が多いのですが、これをできればメールや電子データ(ウェッブサイトやブログにレシピを書き込んでおいてもらい、生徒がそのサイトに見に行く等)で貰えると、外出先や実家に戻った時等、いつでもどこでも参照できるので嬉しいです。

大変だった点

道具の場所や機械の操作等に慣れずに、焼いていた肉を黒く焦がしてしまった事や油の温度等の調節が上手くいかず揚げ物に失敗したことがあり、気まずい思いをしました。先生やアシスタントさんがタイミング良く回ってきてくれれば良いのですが、間に合わない事があります。

デメリット

講座を受けてみるまでは、先生との相性の良し悪しが分からないので、受けてから失敗したなあと思うことがありました。

また大手の料理教室に通ったら他の授業への勧誘が多くて、これもデメリットだと思いました。

こんな料理教室なら通ってみたい

少し珍しい調味料(「豆板醤」「甜面醤」「ナンプラー」「バルサミコ酢」等)は、買っても一つ分使いきれない事があるので、それらが使いきれるよう調味料に特化した、例えば「豆板醤を使って作る料理(5品)」のような教室があったら通ってみたいです。

ライザップCOOKが気になってる

自分が学びたい料理をとことんプロから教わることが出来るというライザップCOOK料理教室というのが気になっています。